電子渡航認証(eTA)の概要

ほとんどの旅行者は、カナダに空路で入国する、または、カナダの空港で乗り継ぎをする際には、ビザまたは電子渡航認証(eTA)が必要です。

申請前に、カナダに渡航するには何が必要かをご確認ください

電子渡航認証とは?

電子渡航認証(eTA)は、カナダ入国ビザが必要でない外国籍の旅行者が空路でカナダに入国する場合に必要なものです。eTAはパスポートに電子的にリンクされ、有効期間は最長5年間ですが、パスポートの有効期限がそれ以前の場合は、パスポートの有効期限まで有効です。新しいパスポートを取得した場合は、新しいeTAを得る必要があります。

取得したeTAの有効期間中は、何度でもカナダに入国して短期滞在(通常一度に6か月まで)をすることができます。カナダ国内での移動にはeTAは必要ありません。

eTAを有しているだけでカナダ入国が保証されるものではありません。カナダに到着した際に、入国審査官がパスポートとその他書類(例:米国のグリーンカード)の提示を求めますので、それに応じてカナダ入国要件を満たしていることを審査官が確認できるようにしなければなりません。

カナダへの渡航のためにeTAが必要は人は?

旅行者には4つの区分があります。

  1. eTAが必要な旅行者
    • カナダ入国ビザが免除されている外国籍の旅行者がカナダに空路で入国したりカナダの空港で乗り継ぎする場合にはeTAが必要です。車、バス、鉄道、船(クルーズシップを含む)でカナダに到着する場合はeTAは不要です。
    • 合法的な米国永住者がカナダに空路で入国したりカナダの空港で乗り継ぎする場合にはeTAが必要です。出発空港でのチェックインの際に有効なグリーンカードとパスポートの提示も求められます。
  2. eTA申請に適格と認められる可能性がある旅行者
    • カナダ入国ビザが必要な国の中の一部の国の国民は、カナダに空路で入国するために、入国ビザの代わりにeTAを申請する資格に適合することがあります。ただし、車、バス、鉄道、船(クルーズシップを含む)でカナダに到着する場合は入国ビザが必要です。
  3. eTAの申請はできず、他の身分証明書を携帯しなければならない旅行者
  4. eTA要件を免除されている旅行者。
    例:

カナダ渡航のためのeTAの申請方法は?

申請には、このカナダ政府公式ホームページのみをご利用ください。

eTA申請は、2、3分で済む簡便なオンライン手続きです。ほとんどの申請者には数分以内にEメールでeTA承認が届きます。ただし、補足文書の提出が求められた場合、手続きに数日かかることもあります。カナダ行きの航空券を購入する前にeTAを取得することがベストです。

eTAの料金は7カナダドルです。申請と支払いは一度に一人分のみ行えます。

申請書記入の際には、パスポート、クレジットカードまたはデビットカード、およびEメールアドレスが必要です。またいくつかの質問に答える必要があります。

申請時によくある間違いをしないようご注意ください。

eTA申請書に間違ったパスポート番号を入力した場合、カナダ渡航について障害が発生します。

eTAヘルプガイド (PDF, 2.36 MB)を利用し、指示に従ってパスポート番号を正確に入力してください。

パスポートの身分事項ページ(本人の写真があるページ)の一番上に記載されている番号を入力してください。

出発の際に空港に持って行くもの

承認されたeTAは申請に使ったパスポートにリンクされます。カナダ行きの便にチェックインする際にこのパスポートを提示する必要があります。

航空会社のスタッフがパスポートをスキャンして有効なeTAがあることを確認します。有効なeTAがない場合、搭乗することはできません。

eTAを申請する

パスポート番号が正しいことを確認

空港でのトラブルを避けるために: eTAが承認されたら、受け取ったeTA承認Eメールに記載されているパスポート番号と手元のパスポートの番号が一致することを確認してください。一致しなかった場合は、もう一度eTAを申請しなければなりません。

Report a problem or mistake on this page
Please select all that apply:

Privacy statement

Thank you for your help!

You will not receive a reply. For enquiries, contact us.

Date modified: